くるみの成長日記

デグーのくるみちゃんの成長日記

原因不明

こんばんは。




一見元気がよさそうに見えるくるみちゃんですが、水を飲む量が前日とあまり変わらない。

朝私の腕でぺたーっと寝転ぶ。(いつもはそんなことしない)

うんちの大きさがちょっと小さくなる。(一回り)

排尿がいつもより少ない。(ステージの汚れが少なかった)

ペレットを食べるペースが遅い。(大好きなデグーフォーミュラを食べていても落としてしまう)


ことを理由に病院へ連れていきました。

もしかして尿道結石ではないか、と思ってました。

私の些細な不安で、何もなければ万々歳、くらいの気持ちでした。




車でのちょっとしたドライブだったのですが、くるみちゃんちょっと不安だったようで、移動用のキャリーに指を入れると握ってきました。

お前は運転手をキュン死にさせる気か。



いざ!先生に診て貰うという時に…あぁ、出てしまいました…。

まだ私に慣れてないだろうから、保定の練習はもうちょい先でいいや。

と後回しにしていた問題。

それは、手のひらでじっとしない。

先生に申し訳ないと思いつつも、くるみちゃんに声掛け。

可哀想なくらいに嫌がるけど、これから慣れさせていかなければいけないなあと思いました。


尿にも異常なし。

糞にも異常なし。

毛づやも問題なし。

要するに身体にはどこにも異常がなかった、ということです。

先生が保定して下さって初めて見たのですが(普段は大人しくしてくれない)、排尿する器官の下周辺に結石が付着してました。

あー、やっぱり。

と思いましたが、先生は数値として気にする値は出てないので、ちゃんと体内処理できているので大丈夫でしょうとのこと。

本当によかった。

ならば、あの症状はなんだったのか…。

原因不明ですか、環境の変化などではないか

とのこと。

環境については日々ちょっとずつ変えていってる物で、これ!!といった理由がわからない非常事態。

体重がちょっと減っていたので胃だったか腸だったか忘れたのですが、活性化させるお薬を処方して頂きました。


値段の方も予想範囲内5,000円ちょっとで済んだのでよかったです。


無事診察も終了し、先生が落ち着かせようとチモシーなどもくれたのですが、それには目もくれず、キャリーに入れていたチモシーを食べるくるみ。

さっきまでの、悲痛な叫び(保定が嫌すぎて)はどこ吹く風で先生の前でバクバク。

あー、 デグーって繊細かと思ってたけど、意外に豪胆だなあと思っていました。


だけど、帰宅するときの車中ではじーっと動かず。

…ん?…この風景どっかで見たことある!!

思ったのはデグーを初めて家に連れて帰った初日の風景でした。


やはり、デグーは繊細な生き物でした。


家に帰ったら普段は甘えないのに、手の甲でピルピル鳴きながら寝てしまいました。


疲れたんでしょうね。

休ませる前にお薬をと思い、お薬を含ませた大好物のビタミンCペレットを与えたすぐ次の行動が、水を飲みに行き、ペレットを食べ始めました。

即効性!!凄すぎ!!

感動してしまいました。

小動物だから、巡りが早いのかな…?


とりあえず、1週間は様子見ですが、今回は本当に病院には感謝感激です。

早急に冷静に対応して頂けて、安心できました。


早くもーっと元気なくるみちゃんが見たいなあ。

今日は念のため写真は撮ってません。




はやくこのときくらいのガブ飲みを見せてほしい飼い主でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。